知育玩具 | ビルディング・カップ の使い方

ビルディング・カップのご紹介

重ねて、積んで。音を出したりおままごとに使ったり。
いろんなつかいかたができるのが、コップを重ねる知育玩具の特徴です。

アンビ・トーイのビルディング・カップも、子どもの創造性次第で使い方はどこまでも膨らみます!

子どもがどんな遊びを始めるか、大人が想像することも楽しめるおもちゃです。

基礎情報

メーカー:ガルト社(イギリス) アンビ・トーイ
本体サイズ:6×8.5×8.4cm
素材:ポリプロピレン
重さ:約800g
対象年齢:10ヶ月ごろ〜
製造国:中国

一番小さな黄色のカップのサイズはこちらの画像の通りです。
だいたい、コップのフチが直径3.8cmほど、コップの高さが3cmほどです。

ビルディング・カップの遊び方

色を楽しむ

「青」「黄」「赤」「白」の4色を楽しめます。どの色も非常にクッキリとしていて、色を学ぶのにピッタリです。

この種のおもちゃで半透明な素材だと、色がわかりにくいことってありますよね。子どもに「これは〇〇色!」と言いたくても、赤なのかピンクなのかオレンジなのか……悩むことありますよね。ビルディング・カップならその心配は不要です。

同じ色だけで重ねたり、並べたりすることで、色の区別も学べます。

重ねて、積んで、崩して楽しむ

コップは重ねることも、逆さまにして積み上げることもできます。

積み上げた時の高さはだいたい41cm!意外と高いです。10ヶ月ごろの赤ちゃんでしたら、お座りをしてても十分顔の高さまで積み上がります。

積み上がったコップが目の前にあったらどうするか?
もちろん崩しましょう!
手で押すと崩れることを学んだり、落ちるものを目で追うのも目のトレーニングに役立ちますね。

他の楽しみ方

音を出して遊ぶ

カップを叩いたり、カップを合わせたりしていろんな音を出しましょう。叩くのも合わせるのも、音を出す位置が変わると色々な音が出せます。どんな音が出るのか探してみましょう!

水遊びや砂遊びに使う

カップの底には2つ穴があいていて、水を入れるとチョロチョロと垂れてきます。シャワーみたいにして遊ぶと楽しいですね。

砂遊びの時には、ミニバケツとして砂を運ぶのに役立ちます。砂を入れて水を含ませることで、いろんな形のケーキも作れますね。

底の模様はそれぞれ違うので、砂にいろんな模様を付けたり、するのも楽しそうです♪

コメント