知育玩具 | オルゴールカーの使い方

オルゴールカーのご紹介

可愛いフォルムにっこりスマイル♪木製でなんとなく落ち着いた雰囲気の車がオルゴールカー(ORGEL CAR)です。

前後に動かすと、車の中からオルゴールの綺麗な音色が流れます。
車の色と音色は全部で3種類。

  • ピンク:ミッキーマウスマーチ
  • グリーン:となりのトトロ
  • ホワイト:星に願いを (当店で遊べます!)

基礎情報

メーカー:ニチガン
おもちゃの寸法:100×90×75mm
重さ:250g
対象年齢:1歳〜
製造国:日本

オルゴールカーの遊び方

動かして楽しむ

知育玩具 オルゴールカーをゆっくり動かす

まずはお手本の遊び方。

ゆーっくりと動かして遊びましょう。
すると、オルゴールの音が綺麗に鳴り響き、オルゴールカーの可愛い表情と相まって、大人も自然とニッコリ。
車を押しているときも引いているときも、音楽は戻ることなく進んでいきます。他のオルゴールの入った車だと、引いたときに音がならないことがあるので、前後どちらに動かしてもオルゴールが鳴る設計は子どもにとっても楽しみやすいと思いました

次に、1歳児の代表的な遊び方。

知育玩具 オルゴールカーを速く動かす
最初の動画の2倍速くらいの速さ

1歳の子が、「ゆーっくりうごかす」ことをきちんと理解できるかというと、なかなか難しいと思います。

彼らがどう動かすかというと、前後左右にガシガシと走らせます!

試しに、最初の動画の2倍速くらいの速さで走らせてみた様子がこちら。このくらいならまだちゃんとした音楽に聞こえますね。

知育玩具 オルゴールカー(超早)

ただ、1歳前後の子はもっともっと速く動かし、何の音色かわからなくなります。
遊んでいる様子を観察すると、音色を楽しむというよりも、「音」がすること、ただただ車が動くことを楽しんでいるように見えます。

あの綺麗な音色がこんな音に!こんな楽しみ方も良いですね。

噛んで楽しむ

両手でしっかり持つのにちょうど良い大きさがあります。
両手で持って、そのままお口でガシガシガシと感触を確かめるのも赤ちゃんならではの遊び方ですね。

パーツはしっかりと固定されていて、取れる心配はほとんどないと感じました。
よっぽど使い込んでいない限り、赤ちゃんの噛む力で車の一部が欠けることもないと思います。

プラスチックと違い噛み砕く恐れもほとんどないので、安心して子どもに与えられますね。

親の関わり方

知育玩具を与えても、親の思った通りに子どもが遊ぶとは限りません。
そんなときに、ついつい正しい遊び方(と親が思っている方法)に矯正したくなりますが、まずは子どもの興味に合わせてあげてください。

最後に、親の関わり方の例を用意しましたので、子どもとどうやって遊んだら良いかわからない方は参考にしてください。

子どもの興味のポイントを観察する。

子どもが興味を持っているところに親も注目する。
色や形、音や匂いに特徴があれば、親がその特徴を子どもに話しかける

遊びが落ち着いてきた頃に、子どもの遊び方になかった遊び方を親が実演する。

子どもにおもちゃを返し、遊び方に変化があるか観察する

コメント